保健科学東日本が行う水質・環境検査について

保健科学東日本は、臨床検査の受託業務や、健康に関するコンサルティング業務を行っています。さらに、水質検査や環境検査も請け負っています。このように、保健科学東日本は環境への取り組みを真剣に行っています。今回は、水質検査や環境検査の内容について詳しく解説をします。

保健科学東日本で行う水質検査は、飲料水や、工場の排水、河川・下水の水質が国の定められている基準値に達しているかどうかを検査するものです。工場排水の公害問題は昔から重要視されていますが、近年では、国で定められている基準値も今までよりも厳しいものになっています。それに伴い、罰則なども厳重に取り決められています。飲料水においては、水道法というものがあり、厚生労働大臣から認可を受けている検査機関のみ検査をすることができます。当然、保健科学東日本もその登録証を取得しています。飲料水で検査できることは、一般細菌や大腸菌などもありますが、味や臭気、色度といったものも検査することができます。

飲料水・排水以外にも水質を検査するものがあります。私たちの生活に密着しているもので言うと、「空調の冷却水」がそれにあたります。冷却水には、レジオネラという細菌が増殖する環境に適しているため、発生する危険性が大いにあります。このレジオネラが繁殖してしまうと、レジオネラ症という病気にかかってしまう場合があります。また、冷却水の水質は、空調機器の寿命にも関わってくるのです。

また、岩盤浴・プール・公衆浴場といった大量の水・お湯を使う施設においても水質検査は必要です。言うに及びませんが、高温多湿なこれらの施設は、カビや細菌の宝庫です。利用する方が安心できるためにも、水質検査の必要性が叫ばれているのです。

保健科学東日本では、空気環境測定、土壌検査、産業廃棄物検査、空気清浄度検査といった、水質以外の環境検査も行っています。これらは、私たちの生活に密着している部分のため、健康的な生活を送るためには欠かせない項目です。工場や、給食センター、土建業者といったさまざまな企業・法人から取引を受けています。こういった検査は、建物の内装に使われる物質によって起きるさまざまな現象を抑える働きにつながります。定められた基準で検査を行いますので、安全な状態で使用できるのです。

このように、保健科学東日本は、私たちの生活をより安全で、快適なものにするための、さまざまな衛生検査を行っています。公害に苦しむこともなく、口にしても大丈夫なお水を飲むことができているのも、このような取り組みのおかげだと考えられます。